人妻やセフレとの関係を維持するためにはマメにメールの返信をしよう

人妻やセフレとの関係を維持するのはマメに連絡を取ることです。その出会いを無駄にしないようメールはマメに返信しましょう。 - メールにはに直ぐに返信をする

メールにはに直ぐに返信をする

先にも少し書いたと思いますが、親しくなった「人妻」と少しでも長く「関係」を維持したい。
または実際にあって「御付き合い」をするためには「メール」を頻繁に送る事が重要なのです。

「人妻」と「セフレ」になりたいなら友人からのメールも直ぐに返さない人でも、相手から来たメールにはに直ぐに返信をする習慣を身に付けましょう。

そこまでメールの返信が大事なのかと疑問に思う方も居るでしょうが、そもそも「人妻」は既に結婚して「家庭」という決まった範囲内での生活リズムがあるので、相手からのメールが遅れれば自然と「家庭」の方に意識が向いてしまうので、実際に会う前に関係が消滅してしまう可能性もあるのです。

それから「人妻」の中には忙しい身内に代わって構ってくれる人を求めている場合もあるので、その「寂しさ」を紛らわせてくれるメールすら全く送ってくれない人なら必要ないと見なされる事もあります。
少し慌ただしい様に感じるかもしれませんが以上の理由から「人妻」とメールする様になったら、返信は可能な限り早く送る事が「人妻」と親しくなって距離を縮める方法でもあるのです。

ですが無闇にメールを返信すれば良いという訳でもないのです。
「出会い系」で「セフレ」を探しているのは相手と「肉体関係」を結ぶためです。

その目的を達成するには頻繁なメールの他に内容で「一日でも早く会いたい」と思ってもらう事が大切なのです。
メールで連絡するだけの関係が長く続いてしまうと、それが日常の一部となって返信が事務的になってしまったり、相手に異性としての興奮を覚えなくなる場合もあるのです。

それでは当初の目的から大きく外れしまうので、「人妻」と親密になりたいと思う方はメールで連絡を取り合うようになったら早め
に「会う」という段階まで持ち込んだ方が良いでしょう。

具体的な時期を挙げるならメールを取り合う間柄になってから約一週間前後が良いでしょう。

もし相手の夫が運良く「出張」等で家を留守にする予定があるのなら、一日でメールを出来るだけ多く交わして互いに「会う」のに合意したら早々に日程を決めた方が良いでしょう。

実際に「会う」のに一週間前後は早すぎると思う方でも、メールで連絡を取り合う間柄になったら長くとも二週間以内には決めた方が良いで
しょう。
何故なら二週間を過ぎると「慣れ」が生じて当初の「熱」が冷めてしまう恐れがあるからです。

普段から奥手だと思っている方でも折角の「出会い」を無駄にしない様に、胸の高鳴りが聞こえる内に相手と会った方が盛り上げる筈です。

人妻の不倫願望

「人妻」という言葉には妙にエロチックな響きがあり、AVの淫乱なイメージとダブるものがあります。もちろん実際の人妻の大半は違います。皆さん良き妻であり母であります。外見も素敵な方ばかりです。結婚した女性特有の所帯じみた感じが男性の目を欺いて、どの人妻も画一的に見えてるのかもしれません。

どんな人妻にも、かつては若い独身時代がありました。若さゆえに多くの男性にモテた人妻もいたでしょう。そんな男性の誘いに乗らないで結婚した人妻がいれば、誘惑に弱くて乗ってしまった人妻がいます。

ここで問題になるのは前者の人妻です。若くて綺麗な独身時代に色々な男性経験を重ねずに結婚した人妻の中には、結婚後に子育ても終えて一息つく頃に、ある思いに駆られる人がいるようです。自分は夫ひと筋のあまり女の幸せを犠牲にしたのではないか。このままおばあちゃんになるのか。自分が若い頃避けてきた行為を後悔するのです。

実はそういうタイプの人妻が出会い系サイトでセフレ探しをするようになりやすいのです。夫しか知らぬまま年老いるのが嫌な30代を越えた人妻の不倫願望が高まります。

この手の人妻が出会い系サイトに実に多いのです。パッと見ではとても出会い系サイトを使うようなタイプに見えない人妻がいる理由がおわかりになると思います。

一見堅いのですが、いざ抱いてみると夫しか知らない若かりし頃を取り戻すかのように淫乱に応じてきたりします。こういうタイプの人妻は口説きやすくてのめりこみやすいので、不倫関係も長く続く傾向があるようです。

更新情報